【U-13】初公式戦 vs 横須賀シーガルズ:試合スタート
ホーム > 【U-13】初公式戦 vs 横須賀シーガルズ:試合スタート

【U-13】初公式戦 vs 横須賀シーガルズ:試合スタート

2014年11月30日(日)5:43 PM

W-upも終わり、T.BRUEの選手たちはピッチに向かいます。

DSCF6167
DSCF6174
DSCF6177  DSCF6179

キャプテン同士でコイントス後、いよいよピッチへ。

DSCF6182  DSCF6183
いつもどおり円陣を組みキックオフ!

DSCF6206

DSCF6217

試合が始まりすぐにT.BRUEにシュートチャンスが来ますがこれは決まりません。ここ最近の練習試合だと、T.BRUEは最初のシュートをはずしてそのまま調子が上がらず0-1などで終わることが多かったのですが、2期生たちはこの後も終始攻撃姿勢をくずしませんでした。

特にいつもと違うと感じたのは、『前方の声』でした。トップの選手たちがとにかくボールを要求します。声も大きく最終ラインの選手たちまで届いているようで、DFの選手たちはいつもよりボールを持った時に遠くまで視線を向けることが出来、相手DFもショートパスなのかロングなのかドリブルなのかと選択が多いため守りにくくなったように思います。

そんな中前半10分、細野選手先制
2期生の初得点は細野一斗選手が決めました!

ここからさらにT.BRUEは拍車をかけて攻撃姿勢に。前半20分には連続してフリーキックのチャンス。

DSCF6247
蹴るのはこの二人。左利きの森島選手と、右利きでいつもコーナーキックを蹴る吉田翔かける選手。
森島選手がキーパーの届かないようなゴールの端を狙いますが、ボールひとつ分枠外にずれてしまいゴールになりませんでした。

しかしその後前半28分、酒井選手が相手ゴール前右の方でボールを受け、向かってくるDFを左に避けながら、少しできたシュートコースを見逃さず、ドカン。勢いよく相手のゴールネットを揺らしました。

DSCF6226

得点後、酒井選手にかけよる2期生のメンバー。
この後、前半34分にまた酒井選手が相手の最終ラインの間をうまく抜けて、パスフェイクで相手選手の重心がずれたところを、今度はインサイドで丁寧にシュート。ゴールの片隅に決まります。

立て続けに35分、細野選手も本日2点目を決め、ハーフタイムになりました。

DSCF6210




«   |   »

新着情報&ブログ

アーカイブ