【U-14】7/24高円宮杯の連戦1日目~十日市場中学校戦:その2
ホーム > 【U-14】7/24高円宮杯の連戦1日目~十日市場中学校戦:その2

【U-14】7/24高円宮杯の連戦1日目~十日市場中学校戦:その2

2014年07月28日(月)8:55 PM

DSCF3812   DSCF3814

キャプテン同士でコイントス。円陣を組んでいざ試合です。十日市場中学校さんががT.BRUEです。

DSCF3867

前半T.BRUEは、相手のミスから先制し、前半中に2点を奪うことができました。
点を取ることで気持ちは上がっていたようですが、プレーに関してはやはり監督から指示が飛びます。
しかしそれをなかなかすぐに修正できない選手達。
自分たちよりも身体が大きくて強いボールを蹴り足も速い相手にだんだんとプレーも静かになってしまうことも。

DSCF3849   DSCF3864

この日も給水タイムが設けられましたが、ベンチのメンバーたちがすかさずボトルを持っていき、そのまま外から見たことを伝えます。
もっとこうした方がいいよ、もっとポジショニングをワイドに、パスコース見とけ…などなど

前回の海老名FC戦とは異なり、ベンチからの声は一部の選手のみで、この日はベンチも静かだったのですが、集中して試合を見ていたようです。

U-14の選手たちはオフの日でもいっしょに遊んだりするくらい生活面ではとても仲よしです。その一方で、サッカーの面ではどうなんだろうかと思っていましたが、自分たちのプレーに関して、こうして向き合って言いたいことを伝えたり、なかなか行動で見てとれずコーチ陣から叱られることもあるのですが上手くなるために助言しあったり。
男の子なので、言葉選びがストレートすぎてしまうこともありますが、サッカーの面でもお互いに影響を与え合いながら、少しずつ成長しているようです。

DSCF3872

後半が始まり、ベンチのメンバーもアップを始めました。
ところが後半相手チームに2点奪えわれ同点追いつかれてしまいます

DSCF3890  DSCF3898

相手チームのDFラインがかなり高いため裏にスペースが。
U-14で現在スーパーサブ的な存在になりつつある小林選手が交代で投入されます。
中の選手たちは、小林選手のプレースタイルを考えろと監督からも言われ、どんどん小林選手にボールを集めました。続いて堤選手も交代で入ります。

DSCF3899

必死で攻め、GKと1対1の場面や、うまく最終ラインの選手を抜きそうになったりとチャンスが来ますが、シュートが決まらず1点が遠い。
T.BRUEは前回同様、加点することが出来ず、このまま引き分けで終わってしまいました。

DSCF3905 DSCF3906

落ち込んでいる様子の選手達。特に、後半から大事な仕事を任された8番の小林選手はくやしそうでした。

練習がお休みだったU-13の選手が応援に来てくれていたのですが、次は絶対にかっこいい先輩の姿を見せてあげたいですね!
まだまだ試合は続きます◎顔を上げて、がんばれ!

対戦相手の十日市場中学校のみなさん、本部のみなさん、応援にきてくれた保護者のみなさん、本当にありがとうございました^^



«   |   »

新着情報&ブログ

アーカイブ